大切な人へ甘~い贈り物 親子らチョコの菓子作り挑戦

チョコレートを使ったお菓子作りに挑戦する参加者
 バレンタインデーを前に、チョコレートを使ったお菓子作りに挑戦する催しが12日、浜田市野原町の市世界子ども美術館であった。参加した親子連れらが溶かしたチョコレートをさまざまなお菓子に飾り付けて、大切な人への甘い贈り物を完成させた。

 子どもたちに創作の楽しみを学んでもらおうと、同館が土日、祝日に実施している「ホリデー創作活動」の一環として開催した。

 参加者は学芸員らの手ほどきで、溶かしたチョコレートをクッキーに塗ったり、型に流したチョコをラムネやグミで飾り付けたりした。つまみ食いをしたり、ラッピングにメッセージを書いたりする参加者もおり、甘い香りが漂う中での創作を楽しんだ。

 家族で参加した、みのり保育園(浜田市相生町)年長組の酒井隆成ちゃん(6)は「チョコを上手に塗ることができた。お母さんにあげたい」と笑顔を浮かべた。

2018年2月13日 無断転載禁止