女子ログ ありがとう

 ゾクゾクと寒けがする。体の節々が痛い。もしかして、この冬猛威を振るっているインフルエンザ? 病院で検査をしたら、嫌な予感は見事に的中した。しっかりと手洗いとうがいをしていたつもりだったが、予防接種をしていなかったせいだろうか。

 安静に寝ていると、実家の母から電話があった。母はいつも私の体調不良を狙ったかのような絶妙なタイミングで連絡をくれる。母親として娘を思う勘なのだろうか? 電話に出ると母の第一声は「インフルか?」だった。さすが、である。私は言葉を返す体力もなかったが「なんでわかるの?」と問い掛けた。母いわく、雪の警報が出ると私はインフルエンザになっていることが多いようで、心配になって電話の声で確認したかったらしい。

 本当は私が母を心配しなくてはならないのに…。母は長年、関節リウマチという難病でありながら、常に私に気に掛けてくれている。母は私を産んでから病状がひどくなってしまったが、電話で「あなたを産んで一つも後悔したことはないよ。笑顔がいつも励みになるからね」と言ってくれる。

 母はどんなにつらい状況でも優しく接してくれる。母のように私もなりたいと思った。早く完治して、母の日には一足早いが、「ありがとう」と心から伝えたい。

(鳥取市・DJレイ)

2018年2月20日 無断転載禁止