アブダビ油田の権益、40年延長 国際帝石、比率は10%に低下

 国際石油開発帝石は26日、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ首長国に保有する海上油田の権益が40年間延長されることになったと発表した。日本と激しい争奪戦を繰り広げたインド企業3社が参画した影響で、権益の比率は12%から10%に下がった。

 権益が延長されるのは「下部ザクム油田」で、生産目標は日量45万バレル。今年3月8日に迎える権益の期限を2058年3月8日まで延長する契約をアブダビ国営石油会社などと締結した。操業主体のアブダビ国営石油は権益の20%を他社に譲渡して60%にする予定だ。

 UAEはサウジアラビアに次ぐ日本の原油輸入元。

共同通信社 2018年2月26日 無断転載禁止