ウミガメ保護団体が12月解散へ 屋久島、担い手確保できず

 岩場にはまったウミガメを助けるスタッフ(NPO法人「屋久島うみがめ館」提供)

 国内最大のウミガメ産卵地として知られる鹿児島県の屋久島で、約30年にわたり保護や調査を続けてきたNPO法人「屋久島うみがめ館」が2日、12月末で解散すると発表した。担い手が確保できず、活動を継続できないと判断した。

 うみがめ館は、代表の大牟田一美さん(67)=屋久島町=が1985年に前身団体を立ち上げ、生態調査を始めた。93年、屋久島が世界自然遺産に登録されると観光客が増え、ウミガメの産卵場所が踏み荒らされるといった問題が深刻化。産卵・ふ化が活発になる5~9月にかけて、卵を人に踏まれない場所に移して守り、個体計測など調査を続けた。

共同通信社 2018年3月2日 無断転載禁止