国公立大2次試験後期日程 山陰両県でも始まる

 国公立大2次試験の後期日程が12日始まり、山陰両県では島根大、島根県立大、鳥取大の3大学で計2145人が挑んだ。

 島根大は全6学部の募集定員195人に対し、1056人が受験した。個別試験を課さない総合理工学部建築デザイン学科(募集人員8人)を除く受験倍率は、前年度比0.7ポイント増の5.6倍。学部学科別では、再編する生物資源科学部の生命科学科(同10人)が13.1倍で最も高かった。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年3月13日 無断転載禁止