女子ログ 私とYouTube

 最近の隙間時間の過ごし方、それはYouTube(ユーチューブ)を見ることだ。小学生の将来なりたい職業にも「YouTuber(ユーチューバー)」がランクインしていることからも分かるように、すっかり私たちの生活にもなじんでいるように思う。

 ユーチューブがテレビと違うことは、見たい内容を、見る人が自発的に選べることだと思う。わが家にはテレビがないので、4月から1年生になる長男はタブレットでユーチューブを見ることがあるが、アニメを見る時もあれば、跳び箱の飛び方を見ていたり、最近は親子で神楽にはまっているため、神楽の動画を見て研究をしていたりとさまざまだ。そしてその後は、神楽のお面を作ったり、家にあるもので衣装を作って1人で舞の練習が始まったりと、見るだけにとどまらない。

 一方私は、もっぱら英語学習関連の動画を見ることが多い。基本的に何かをしながら音を聞くことが多いので、普段出雲弁にどっぷりの耳を、少しでも英語耳になるようにと流している。発音をまねてみたり、分からない部分は巻き戻したりと便利な上に、行ったことがない海外の風景・映像を見て雰囲気も味わえることにも満足している。

 これからもメディアとのいい距離を探りながら、お気に入りのものを見つけていきたいと思っている。

(島根県奥出雲町・かちゃぼ)

2018年3月14日 無断転載禁止