島根 琉球に力負け Bリーグ1部

【第43戦・島根-琉球】第1クオーター、島根の波多野(10)がドライブからシュートを放つ=沖縄市体育館
 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)で西地区5位の島根スサノオマジックは17日、沖縄市体育館で第43戦を行い、地区首位の琉球ゴールデンキングスに57-77で敗れ、リーグワーストの連敗が「17」に伸びた。通算7勝36敗で並ぶ地区最下位の西宮ストークスとの当該対戦成績(得失点差)で、5位は変わらなかった。

 島根は終始リバウンドが取れず、後半に突き放された。左足首捻挫の渡辺翔太は3戦連続ベンチ外。熊谷宜之も左太もものけがでベンチ登録を外れた。

 18日の第44戦も、同体育館で琉球と対戦する。

 ◇第43戦(17日・沖縄市体育館、3298人)
琉  球 77 24-14 57 島  根
33勝10敗  18-20  7勝36敗
        18-12
        17-11

終始リバウンド取れず

 【評】島根はシュート精度が下がった第1クオーター中盤以降、リバウンドで圧倒され、差を広げられた。

 第1クオーターは、序盤、相馬、波多野らの3点シュート4本で12-4とリード。その後、シュート精度が落ち、リバウンドで競り負け、14-24と逆転された。

 一進一退の展開となった第2クオーターもリバウンドを奪われ、さらに後半も、2、3点シュート成功率33・3%(27本中9本)にとどまり、リバウンド争いで劣勢のまま、差を詰められなかった。

2018年3月18日 無断転載禁止