ヒアリ探知犬、日本初上陸 台湾から福岡に

 台湾から福岡空港に到着したヒアリ探知犬=23日午前、福岡市

 強い毒を持つ南米原産のヒアリを鋭い嗅覚で見つけ出して「お座り」の姿勢で知らせる探知犬が23日、台湾から福岡空港に到着し、日本に初上陸した。

 コスト面などで課題が指摘されているが、ヒアリの活動が活発化する春を前に期待がかかる。鹿児島大などで開催される日本応用動物昆虫学会で26、27日に披露される予定。

 探知犬は、ヒアリのほか、人間が見落としやすい小さな巣を見つける能力がある。捕獲わなを仕掛けて回収する手法よりも早期の発見が可能という。

 探知犬は、1匹約190万円とされる育成費やスタッフの人件費がかかるため、費用に見合った効果が見込めるのかとの指摘もある。

共同通信社 2018年3月23日 無断転載禁止