松江シティ初戦 浜田、益田代表勝者と 島根県サッカー選手権

 サッカーの第98回天皇杯全日本選手権出場を懸けた第23回島根県選手権(島根県サッカー協会主催、山陰中央新報社など共催)の組み合わせが31日、決まった。6チームが出場。3連覇中の松江シティFC(中国リーグ)は準決勝で、浜田FCコスモス(浜田地区代表)と紫逅倶楽部(益田地区代表)の勝者と対戦する。

 松江市内で組み合わせ抽選会があった。

 選手権には中国リーグの2チームと、松江、出雲、浜田、益田各地区予選を勝ち抜いた県社会人リーグ1部の4チームが出場。中国リーグの松江シティとデッツォーラ島根はシードされ、準決勝から登場する。

 4月8日に出雲市の出雲健康公園で開幕し、1回戦2試合がある。準決勝は同15日に浜田市のサンビレッジ浜田、決勝は同22日、益田市の島根県立サッカー場で行われる。

 優勝チームは5月27日の天皇杯1回戦で広島県代表と対戦する。

2018年4月1日 無断転載禁止