いもち病に強い稲の品種発見 広田 亀治(安来市生まれ)

いもち病に強い稲の品種を発見した広田亀治=安来市誌上巻から転載
苦しかった農民の生活救う

 明治(めいじ)時代の初めごろ、いもち病に強いなど当時としては米作りに理想的な稲(いね)の品種を発見して、苦しかった農民の生活を救った広田亀治(ひろたかめじ)(1839~96年)は、現在(げんざい)の安来(やすぎ)市荒島(あらしま)町の農家に生まれました。

 当時、米作りは病害虫が多発し、不作が続くこともしばしばだったといいます。そのため特に、いもち病(=菌(きん)によって葉や穂(ほ)が枯(か)れる怖(こわ)い病気)に強く、収穫(しゅうかく)の多い稲の品種が求められていました。

 小さいころから父親の農業を手伝ううち、米作りの現状(げんじょう)や稲の品種について関心を深めた亀治は、近くの試作田(しさくでん)を使って稲の品種改良にこつこつと取り組みます。

 1870(明治3)年、病気や害虫に強い稲穂(いなほ)を発見し5年目の75(同8)年には、この品種を毎年作れるところまでになりました。評判(ひょうばん)を聞いた近くの人々が、種もみ(種としてまくために選んだもみ)を分けてもらいに訪(おとず)れ、亀治は喜んで分けたといわれます。こうしていつの間にか、この品種は「亀治」と呼(よ)ばれるようになります。

広田亀治の銅像=安来市荒島町の亀治公園
 「亀治」は一粒(つぶ)が大きくて重さがあり、もみの数が多くて、しかも穂がついても倒(たお)れにくい優(すぐ)れもの。半世紀以上にわたって、県内の米の主要品種となりました。

 亀治が亡(な)くなった後の1910(同43)年、島根県農業試験場が「亀治」を晩稲(ばんとう)(=遅(おそ)く成長する稲)の優良(ゆうりょう)品種第1号に選び、当時の農商務(のうしょうむ)大臣も功績(こうせき)をたたえて賞状(しょうじょう)などを贈(おく)りました。「亀治」はさらに品種改良が進んで40年代まで植えられ、戦争前後の日本の食糧(しょくりょう)不足を補(おぎ)いました。

 亀治は正直(しょうじき)さと貧(まず)しさを貫(つらぬ)いたといわれ、荒島の人たちは亀治の行いに感謝(かんしゃ)して12(大正(たいしょう)元)年、JR(ジェイアール)荒島駅近くの亀治公園にくわを手にする銅像(どうぞう)を建立(こんりゅう)(51年に現地(げんち)で再建(さいけん))しました。

 95(平成(へいせい)7)年に住民が茨城(いばらき)県内の研究所で分けてもらった種もみから、幻(まぼろし)となった亀治米を復活(ふっかつ)させます。

近くの実習田で亀治米を収穫する荒島小学校の5年生=安来市荒島町、2017年10月11日(荒島小学校提供)
 荒島小学校は古里(ふるさと)の歴史を知る学習の一環(いっかん)として、近くの農家から提供(ていきょう)を受けている田んぼで、5年生が亀治米の田植えから稲刈(いねか)りまで行っています。収穫した亀治米は、関係者を招(まね)いた感謝の会で一緒(いっしょ)に食べたり、全校児童が給食(きゅうしょく)で味わい、亀治に思いをはせています。 

2018年4月11日 無断転載禁止

こども新聞