走った後はグルメ堪能 松江でリレーマラソン

一斉にスタートし、宍道湖沿いのコースに走りだす参加者=松江市灘町、白潟公園
 松江市の宍道湖畔の景色を楽しみながらたすきをつなぐ「松江しんじ湖温泉グルメリレーマラソン」が15日、同市内であり、県内外から参加した126チーム、866人が約45キロのコースで健脚を競った。レース後の懇親会では、地元の料理を仲間と堪能した。

 宍道湖畔を「ランナーの聖地」としてPRし、多くの人に走りに来てもらおうと、地元の旅館・ホテル8軒でつくる松江しんじ湖温泉旅館協議会(植田祐市会長)が毎年開いており、4回目。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年4月16日 無断転載禁止