邑南町の魅力伝わる力作 景観や動物 5テーマで写真展

邑南町の自然と景観がテーマの写真に見入る町民
 邑南町の自然と景観を紹介する写真展が、同町上亀谷の瑞穂ハンザケ自然館で開かれている。町内の豊かな自然環境が生み出す景色や、そこで生きる動物の一瞬を切り取った作品が並ぶ。5月20日まで。

 展示会は、未来に残したい邑南町の景観▽動物▽植物▽季節▽人々の暮らし-のテーマで、島根、広島両県の22人が86点を応募した。

 残したい景観では、町内の祭りを撮影したものに加え、今年3月末で廃止になったJR三江線の列車を写した作品もある。1、2月は寒波が続いたことから、雪やつららを写し、記録的な寒さを表現した作品も展示されている。

 同館担当者は「邑南町の魅力が伝わる力作が集まった。大型連休もあるので来館して見てほしい」と呼び掛けた。

 開催時間は午前9時~午後4時、5月からは午前10時~午後5時。入館料は高校生以上300円、小中学生150円。毎週月曜日が休館だが、4月30日は開館する。

2018年4月20日 無断転載禁止