鮮やか「花道」うっとり イワミ村田構内開放 家族連れにぎわう

シャクナゲを見ながら散策する来場者
 電子部品製造加工のイワミ村田製作所(大田市大田町)でこのほど、構内を市民に開放するイベント「グリーンフェスティバル」があった。来場者が構内に植えられた約500本のツツジやシャクナゲを観賞したほか、木工や切り花の教室、物品販売といった多彩な催しを楽しんだ。

 イベントは同社が毎年開いており、10回目となる。ツツジが咲き誇る散策路では、家族連れらがピンクや白などの鮮やかな花を眺め、カメラやスマートフォンで撮影した。

 木工や鉢植え・切り花の教室、物品や飲食物の販売、高所作業車の試乗体験もにぎわい、自転車を操るロボット・ムラタセイサク君の実演もあった。

 以前、同社に勤務したことから毎年来場している大田市久手町の主婦清水重子さん(72)は「花がきれいで楽しめました」と笑顔で話した。

2018年5月7日 無断転載禁止