26日に春季セミナー 松江で開催、参加者募集

 NIE(教育に新聞を)活動の普及を目指す県NIE研究会(有馬毅一郎会長)が26日午後1時半から、松江市殿町の山陰中央新報社で春季セミナー「楽しい新聞との関わり~子どもも教師も楽しもう!」を開く。参加自由で、関心のある教職員や教育関係者などに参加を呼び掛けている。締め切りは21日。

 NIE活動の普及と授業実践の質的向上、指導者の育成などを目的に開催する。読売新聞社松江支局の石田政司支局長が新聞教室で講師を務めた体験を基に講話するほか、松江市立古志原小の伊藤雅美教諭と吉賀町立六日市中の山本悦生教諭が実践事例を発表。参加者全員で「楽しい新聞との関わり方」をテーマに意見交換も行う。

 問い合わせ・申し込みは出雲市立出東小の松浦和之校長、電話0853(62)2827、ファクス0852(62)5625、または県NIE推進協議会事務局、電話0852(32)3305、ファクス0852(32)3550。

2018年5月8日 無断転載禁止

こども新聞