受講生40人が力作 水彩画2教室合同展

アジサイなどをモチーフにした色鮮やかな水彩画作品に見入る来場者
 出雲市灘分町の画家槙野良樹さん(62)が指導する水彩画教室の合同作品展が松江市西浜佐陀町の松江イングリッシュガーデンで開かれている。花や神楽などをモチーフにした色鮮やかな力作が訪れた人の目を引く。25日まで。入場無料。

 槙野さんが講師を務める山陰中央新報社文化センター出雲教室と同ガーデンの水彩画教室で学ぶ、5歳から70代までの40人が、鮮やかな花のピンク色と葉の緑色を爽やかに描いたアジサイ、赤や紫のきらびやかな衣装が華やかな神楽舞いなど、計59点を出品。埼玉県所沢市から訪れた出雲市出身の米山貞夫さん(79)は「いろいろな作風があって面白い」と見入った。

 槙野さんは「水彩画は手軽に始められて長く活動できる。作品を見てもらい愛好者の裾野を広げたい」と来場を呼び掛けている。

2018年5月8日 無断転載禁止