松江水郷祭 今年も3日間 8月3日~5日 花火は4日に1万発

 松江水郷祭推進会議(会長・古瀬誠松江商工会議所会頭)が8日、松江市内で総会を開き、日程を昨年に引き続き3日間となる8月3~5日とすることを決めた。メインの花火大会は4日午後8時からで、西日本最大級の1万発を打ち上げる。今年は「不昧公200年祭」を記念し、抹茶色の花火も披露する。

 花火大会の1日開催は、2014年に台風の影響で2日分の9千発をまとめて打ち上げ、好評だったのを機に始めた。15年から1日で1万発を打ち上げている。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年5月9日 無断転載禁止