柳瀬氏参考人招致/特別扱いの疑念は残る

 学校法人・加計学園の獣医学部新設を巡り、柳瀬唯夫元首相秘書官が参考人として国会に呼ばれ、2015年4月2日に首相官邸で加計学園幹部と面会したと認めた。愛媛県と今治市の職員らが同席したか記憶が定かではないとし、愛媛県文書にある「首相案件」との発言については「私の伝えたかった趣旨とは違っている」と否定した。

 一方で、この面会も含め15年2、3月から6月上旬にかけ計3回、官邸で学園関係者と会って、獣医学部新設計画について話を聞いたと証言。「政府の外の人と、できる限り会うようにしていた」とした上で、安倍晋三首相に報告したことも、指示を受けたこともないと説明した。

 ただ県と市がその年の6月に国家戦略特区制度による獣医学部新設を国に正式提案する以前から、特区や事業者を選定する特区諮問会議の議長を務める首相の側近が、新設計画の当事者である学園側と面会を重ねていたという事実は重い。やはり加計ありきなのかという印象になった。17年1月まで学園の新設計画を知らなかったとする首相答弁への疑問も残る。

 一連の面会は加計疑惑の原点といえる。真相解明の重要な鍵になり、柳瀬氏による国会証言を踏まえて野党は追及を強める構えだ。政府が幕引きを急ぐようなら、国民の視線は厳しいものになろう。

 愛媛県文書によると、4月2日の面会で柳瀬氏は「本件は首相案件」とし、国家戦略特区制度を活用するよう助言。「死ぬほど実現したいという意識を持つことが最低条件」と述べた。首相と加計学園理事長加計孝太郎氏が会食した際に獣医学部新設計画の話が出たと学園側が柳瀬氏に伝えたことも記されている。

 国会で柳瀬氏は「首相案件」発言を否定したものの、獣医学部新設は首相が「早急に検討していく」と述べている案件と説明したという。また自治体に熱意があることが前提条件と伝えたとしており、これが「死ぬほど…」との記述になったとみられる。愛媛県文書は一言一句はともかく、話の趣旨は正確に押さえているとみていいだろう。

 実際、07年から15回も構造改革特区で獣医学部新設を提案し、全て却下されてきた県と市は柳瀬氏の助言に従ったのか、面会後の15年6月、戦略特区に切り替えて提案。月末には獣医学部新設の方針検討を盛り込んだ「日本再興戦略」が閣議決定されるなど実現へのレールが敷かれた。

 また柳瀬氏は首相と加計氏の会食については「そんな話が出た覚えはない」とした。ただ首相が学園の新設計画をいつ認識したかは今後の解明で大きなポイントになる。改めて詳細な検証が必要だ。

 首相は17年1月20日まで学園が特区の事業者と知らなかったとしている。諮問会議が学園を事業者に決めた日だ。過去には、それ以前から知っていたととれる答弁をしていたが、訂正した経緯がある。柳瀬氏が15年に3回も官邸で学園側と面会していたことを考えると不自然に見える。

 柳瀬氏は首相と加計氏の友人関係について「認識していたが、特別扱いしたことはない」と強調した。しかし「特区の関係で会った民間の方は加計学園だけ」とも述べている。特別扱いを否定しても疑念は残るだろう。

2018年5月11日 無断転載禁止