加計問題論戦/信頼回復へ真摯な対応を

 学校法人・加計学園の獣医学部新設を巡り、衆参両院の予算委員会集中審議で野党は柳瀬唯夫元首相秘書官の参考人質疑で「加計ありき」が鮮明になったとして一斉に追及を強めた。柳瀬氏は2015年前半に首相官邸で計3回、学園関係者と会ったことを認めたが、安倍晋三首相に報告したことも、指示を受けたこともないなどと説明した。

 首相は報告がなかったことについて「全然問題ない」と述べた。その上で自ら議長を務める国家戦略特区諮問会議が加計学園を特区の事業者に決めた「17年1月20日」に初めて学園の獣医学部新設計画を知ったと改めて答弁。「事業者選定のプロセスに一点の曇りもない」と強調した。

 しかし「報告しないなど、あり得ない」と秘書官経験者から指摘が相次ぎ、特区の利害関係者である学園側との面会については自民党内にも「特別扱いの疑問が払拭(ふっしょく)されたと思わない」との声がある。愛媛県の中村時広知事は、3回のうち4月2日の面会に同席した県職員の記録文書と多くの点で食い違う柳瀬氏の主張を「真実を語っていない」と批判している。

 ただ首相は「柳瀬氏は一つ一つ記憶を呼び起こして誠実に答えた」と評価。政府、与党は幕引きを急ごうとしている。首相が力説する「国民の信頼回復」を本当に目指すなら、柳瀬氏の証言に対する数々の疑問と真摯(しんし)に向き合う必要があろう。

 先の参考人質疑で柳瀬氏は(1)加計学園関係者と3回面会したが、報告や指示など首相の関与は一切ない(2)学園を特別扱いしたことはない(3)4月2日の面会に愛媛県や今治市の職員が同席したかは定かではなく、自らの発言などを記した愛媛県文書の内容には違和感があったり、覚えがなかったりする-と主張した。

 報告の在り方について首相は集中審議で「国家の重大事でない限り、秘書官から途中経過を報告されることはほとんどない」とした。しかし橋本龍太郎元首相の秘書官だった江田憲司議員は「首相主導の案件では、あり得ない」「許認可などの対象となる事業者と会うのは異例」と指摘。自民党の石破茂元幹事長も「普通考えられない」と疑問を投げ掛けている。

 さらに柳瀬氏が特区の関係で会った民間の関係者は加計学園だけという事実は重い。首相は「柳瀬氏は求められて会った」と答弁したが、特別扱いの疑念は拭えない。

 愛媛県文書を巡っては記録された「首相案件」発言や、首相と学園の加計孝太郎理事長の会食で獣医学部新設の話題が出たとの記述を柳瀬氏が否定したことに、中村知事が「極論で言えば『うそ』は発言した人にとどまらず、他人を巻き込んでいく」と厳しく批判。職員が面会日のスタンプを押して保管していた柳瀬氏の名刺も公開した。

 面会で柳瀬氏や同席した文部科学省と農林水産省の職員がメモを取らなかったことも信じ難いが、結果として反論は説得力を欠き、首相が学園の新設計画を17年1月20日まで知らなかったのは本当かとの疑問はくすぶり続ける。

 共同通信の世論調査では、柳瀬氏の説明に75.5%が「納得できない」と答えた。野党が求める中村知事や加計氏の国会招致も含めて政府、与党は解明に動くべきだ。

2018年5月15日 無断転載禁止