太皷谷稲成神社で春季大祭

舞を奉納する巫女
 日本五大稲荷(いなり)の一つ、島根県津和野町後田の太皷谷稲成神社で15日、春季大祭があった。神事が厳かに執り行われ、県内外から訪れた参拝者たちが家内安全や商売繁盛を祈願した。

 角河和幸宮司ら神職と責任役員総代、巫女(みこ)らが、境内でおはらいの儀を行い、本殿に移動。続いて角河宮司が厳かに祝詞(のりと)を読み上げ、巫女が優雅な舞を奉納した後、参拝者約100人が玉串をささげた。

 境内には家族連れや団体客が大勢訪れ、神前に手を合わせた。また、近くの殿町通りは歩行者天国になり、露店が並ぶなど終日にぎわった。

 春季大祭は1773(安永2)年、7代目津和野藩主・亀井矩貞(のりさだ)が、京都の伏見稲荷大社から稲成大神を太皷谷の峰に迎えた日(5月15日)を祝い、毎年営まれている。

2018年5月15日 無断転載禁止