中海圏満喫しまっせ! 大阪の信金が顧客ツアー

信用金庫のネットワークを活用した大阪からのツアーの参加者を迎える米子信用金庫の職員ら=米子市皆生温泉2丁目、皆生つるや
 全国の信用金庫のネットワークを活用した米子信用金庫(鳥取県米子市東福原2丁目)などの中海・宍道湖・大山圏域への観光客誘致で、永和信用金庫(大阪市浪速区)の顧客ツアーの第1班が15日、米子市入りした。月内に3班、計約240人が訪れる。

 米子信金は地元の皆生温泉旅館組合などと共に2000年の鳥取県西部地震以降、全国の信金、企業などに観光、宿泊の呼び掛けを続けている。永和信金の年1回の顧客向けツアー第1班は15日夕、約80人がバス2台で到着。宿泊先の皆生温泉旅館では信金職員ら関係者20人が横断幕を広げて歓迎した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年5月16日 無断転載禁止