犯罪防止へ鍵かけ推進隊 浜田署 2団体を任命

無施錠の自転車に注意を呼び掛ける札を付ける阿部伊織代表(右)
 2009年に島根県立大1年の平岡都さん=当時(19)=が殺害された事件を受け、市内の防犯活動を強化しようと、平岡さんの名前にちなんだ「はまだ防犯の都鍵かけ推進隊」が16日、設立された。県立大の防犯サークル「SCOT(スコット)」(15人)と「浜田みなと防犯パトロール隊」(9人)の2団体で構成し、自転車や住宅の施錠推進に取り組む。

 浜田署が市内の防犯団体などと連携し、防犯環境の整備に取り組む「はまだ防犯の都対策」の一環。対策の柱に「市民との連携」「県立大生との連携」を掲げており、平岡さんの事件を受けて設立された同サークルと、平岡さんのアルバイト先だった大型商業施設がある地域をパトロールする同隊を任命した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年5月17日 無断転載禁止