香り誘う満開のバラ 邑南で見頃 

鮮やかに咲き誇り、見頃を迎えたバラ=島根県邑南町矢上、香木の森公園
 島根県邑南町矢上の香木の森公園で、赤や白、ピンク色をしたバラが見頃を迎えている。農薬と化学肥料を使わずに育てられ、色鮮やかで香りが強いのが特徴。来園者が美しい花と香りを楽しんでいる。

 同公園のハウスでは、42種類60株のバラを栽培。今月初めの気温が低く、つぼみの状態が続いたが、中旬になり開花が進んだ。

 ロザリューム・ウッテンセンは、高さ約2.5メートルの位置に直径約10センチのピンク色の花をいくつも付ける。来園者が花を見上げながらカメラで撮影した。

 2014年度の冬からは、オーガニックガーデンを目指し、農薬を使わず植物本来の力を生かすようにしている。同公園管理スタッフの出店ひとみさん(34)は「つぼみの花がこれから咲くので、6月上旬まではバラを楽しめそう」と話した。入園無料。

2018年5月17日 無断転載禁止