子宮頸がん抑える化合物開発 京大、新たな予防薬候補に

 厚労省が公表した子宮頸がんワクチンのパンフレット。接種による健康被害の訴えも出ている

 子宮頸がんの発症を抑える抗ウイルス性の化合物を開発したと、京都大の萩原正敏教授(化学生物学)らのチームが18日、発表した。

 子宮頸がんは、原因となるウイルス感染を防ぐワクチンの接種による健康被害の訴えも出ており、萩原教授は「子宮頸がんの新たな予防薬候補となり得る」としている。成果は米医学誌電子版に掲載された。

 チームは京大病院で2018年度中に、子宮頸がんの前段階にある患者を対象に、安全性や有効性を検証する治験を始めるという。

共同通信社 2018年5月18日 無断転載禁止