女子ログ リトルマーメード

 姉と劇団四季のミュージカルを見に行きました。お互い独身の頃はコンサートや演劇などをよく見に行ったものでしたが、それぞれに家族ができ、仕事が忙しくなり…と予定を合わせるのが難しくなってしまい、姉妹で行くことは10年ほどありませんでした。

 今回はお互いの予定が合ったので、当日券を求めての観劇でした。普段は遠方に暮らしているので年に会うのは数日しかないのに、いつでも気兼ねなく、出たとこ勝負の予定でもなんとなく意見がかみ合う、同性のきょうだいがいることは本当に親に感謝です。

 久しぶりの観劇はあっという間でした。アニメの世界そのままの舞台装置とすてきな衣装をまとったかわいらしい人魚たちに引き込まれました。ストーリーは昔絵本で読んだ人魚姫。事前に2人で絵本の内容を思い出し予習も万全でしたが、ずいぶん違ったので役に立ったのかどうか。

 要は夢見る女の子の成長物語なのですが、心配する父親や友人を振り切って好きなことへ突進していく主人公の純粋さに、思春期の子供を持つ姉は思うところがあったようです。

 周りを気にしない素直さは、大人たちは持てないもので、きっと子供の特権です。観劇後は、主人公の父親のようにもう少し子供に振り回されるであろう姉にエールを送りました。

(出雲市・もとわ)

2018年5月18日 無断転載禁止