観光列車あめつち 報道陣に公開

山陰デスティネーションキャンペーンに合わせて7月1日から運行する観光列車「あめつち」=米子市日ノ出町、後藤総合車両所
 JR西日本が22日、7月1日から山陰線鳥取-出雲市駅間で運行する新たな観光列車「あめつち」を公開した。外観は紺碧と銀の2色を基調とし、島根、鳥取両県の空や海、山並みなどをイメージしたデザイン。内装は石州瓦など両県の特産や伝統工芸品が取り入れられる予定で、6月11日に披露される。

 あめつちは両県やJRグループなどが7~9月に展開する「山陰デスティネーションキャンペーン」に合わせて、総事業費約2億円をかけて投入。米子市日ノ出町の後藤総合車両所地で報道陣に公開された。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年5月23日 無断転載禁止