ヤマメ釣りや太鼓演奏 益田・匹見峡春祭り 来場者でにぎわう

ヤマメ釣りを楽しむ家族連れ
 恒例の匹見峡春祭りがこのほど、益田市匹見町匹見の匹見峡レストパークを主会場にして開かれた。同町出身の和太鼓奏者の力強い演奏や石見神楽公演、特産品販売など多彩なイベントがあり、多くの来場者でにぎわった。

 祭りは、同町観光協会(河野克正会長)が毎年この時期に開き、38回目。レストパークの他に、近くの巨大迷路、匹見峡温泉などが会場となった。

 このうち、レストパーク会場では、和太鼓奏者・今福優さんの演奏に加え、ヤマメの釣り堀なども設けられ、多くの家族連れでにぎわった。地元の道川神楽社中の公演や同町特産のワサビの葉を巻いた「わさまる寿司」の販売もあり、来場者が地域の魅力を満喫した。

 広島県から家族と共に訪れた小学生の脇地瑛斗君(8)は「ヤマメの釣りが楽しかった。太鼓の体験もできてよかった」と笑顔で話した。

2018年5月23日 無断転載禁止