錦織2回戦は51位と 練習で終始軽快な動き

練習コートで約1時間半、汗を流した錦織圭=パリ
 【パリ=本紙特派員・藤井俊行】テニスの全仏オープン男子シングルスで、第19シードの錦織圭(日清食品)の2回戦の相手が28日、世界ランキング51位のブノワ・ペール(フランス)に決まった。錦織は同日、ローランギャロス近くのトレーニングセンターで練習し、終始軽快な動きを見せた。

 錦織は午後0時半から世界ランキング9位のダビド・ゴフィン(ベルギー)と約1時間半、打ち合った。ラリーではバック、フォアを左右に打ち分け、時折笑顔を見せるなどリラックスした様子で汗を流した。

 30日以降の2回戦で対戦するペールは、200キロを超える強力なサーブに加え、多彩なショットが持ち味の29歳。対戦成績は錦織の3勝2敗で、直近は2016年のバルセロナオープンで錦織が2-0で勝った。

2018年5月29日 無断転載禁止