3高校吹奏楽部と 海自呉音楽隊共演 浜田・石央文化ホール

迫力ある演奏を披露する海上自衛隊呉音楽隊と高校生たち
 海上自衛隊呉音楽隊(広島県呉市)と浜田、江津両市にある3高校の吹奏楽部が共演する「スプリングコンサート」がこのほど、浜田市黒川町の石央文化ホールであり、1100人が迫力のある演奏を楽しんだ。

 市民に自衛隊の活動を理解してもらおうと、浜田地区防衛協会が30年以上前から主催する恒例のイベント。今年は、浜田高校の卒業生で、海上自衛隊横須賀音楽隊に所属する小野みなみ3等海曹も出演した。

 呉音楽隊は6曲を披露。鍋やまな板など調理器具を楽器として使った「パニックキッチン協奏曲」では、通常の楽器とは違ったユニークな音色で会場を沸かせた。石見智翠館、浜田、浜田商業の3高校吹奏楽部との共演では、市民になじみ深い浜田市民歌などを奏で、来場者を和ませた。

 鑑賞した江津市和木町の佐々木幸雄さん(66)は「呉音楽隊と高校生、どちらの演奏も素晴らしかった」と満足そうだった。

2018年5月29日 無断転載禁止