錦織 難敵ペール警戒 一筋縄ではいかぬ2回戦

男子シングルス2回戦に向けた練習前に手首にテーピングをする錦織圭=パリ(共同)
 【パリ=本紙特派員・藤井俊行】テニスの全仏オープンで、男子シングルス第19シードの錦織圭(日清食品)が29日、ブノワ・ペール(フランス)との2回戦に向けて調整した。2回戦は第4日の30日以降の予定。

 4年連続で1回戦を突破した錦織は正午、ローランギャロス近くのトレーニングセンターで練習を始めた。

 世界ランキング57位のジャレド・ドナルドソン(米国)とラリーやボレーなどを行ったが、雨が強まったため、予定していた約1時間よりも大幅に短い20分で終了した。

 世界ランキング51位のペールは200キロを超えるサーブとフォアの強打に加え、ドロップなど多彩なショットも持つ。

2018年5月30日 無断転載禁止