錦織ラリーで主導権 シモン寄せ付けず

【男子シングルス3回戦】ジル・シモンと対戦する錦織圭=パリ(共同)
 【パリ=本紙特派員・藤井俊行】テニスの全仏オープン第6日の1日、ローランギャロスで行われ、男子シングルス3回戦で第19シードの錦織圭(日清食品)が世界ランキング65位のジル・シモン(フランス)を6-3、6-1、6-3のストレートで圧倒した。4年連続で16強入りした。

 3戦連続で地元フランス勢との戦いとなった。元世界6位のシモンとは初対戦で、ラリー戦となった第1セットは、第5、第7ゲームで計5度のブレークポイントのピンチをしのいだ。第2、3セットは主導権を握り、押し切った。

2018年6月2日 無断転載禁止