シーカヤックで海上散歩 益田・大塚海岸 家族連れら自然親しむ

パドルを操り、海面を進む参加者
 益田あけぼのライオンズクラブ(池田知久会長、28人)がこのほど、益田市中島町の大塚海岸でシーカヤック体験講習会を開いた。参加した家族連れら47人が穏やかな海面をすいすいと進み、自然に親しんだ。

 マリンスポーツを通して美しい海を次代に残す気持ちや社会性を育むとともに、将来的な定住促進につなげる目的で開いている恒例イベント。浜田市三隅B&G海洋センター(浜田市三隅町西河内)のインストラクター3人が講師を務めた。

 参加者はラジオ体操をして体をほぐし、海岸の漂着物を拾い集めた後、シーカヤックの乗り方や、パドルを使って前進したり方向転換したりする方法を体得。日本海に浮かぶ高島をバックに海上散歩を楽しんだ。

 初参加した益田市立益田中学校2年の湊菜月さん(13)は「最初は怖かったけど、慣れると水の上を進む感覚が楽しかった」と笑顔。池田会長(46)は「子どもたちがふるさとの自然の良さを再認識し、感性豊かに育ってほしい」と話した。

2018年6月11日 無断転載禁止