松江シティ5連勝 首位快走 中国サッカーリーグ

【第5節・松江シティFC-デッツォーラ島根】後半20分、松江シティのMF長谷優(中央)がシュートを決め、5-0と突き放す=サンビレッジ浜田
 第46回中国サッカーリーグは10日、第5節5試合があり、首位の松江シティFCがサンビレッジ浜田で最下位のデッツォーラ島根に6-0で完勝し、開幕5連勝とした。勝ち点15とし、首位をキープ。敗れた2位の廿日市FC(広島)に勝ち点で3の差を付けた。デッツォーラは4連敗で、1分け4敗の勝ち点1。

 松江シティは堅守を発揮し、5試合連続で無失点に抑えた。攻撃はリズムに乗って6得点で圧倒した。

 第6節は17日に5試合があり、松江シティはホームの松江市営陸上競技場で8位のNTN岡山を迎える。デッツォーラはサンビレッジ浜田で6位の三菱水島FC(岡山)と対戦する。


 ◇第5節(10日・サンビレッジ浜田)
松江シテ 6 2-0 0 デッツォ
ィFC    4-0  ーラ島根
▽得点者【松】下村尚文、岡本秀雄2、酒井達磨、長谷優、相馬将夏


鉄壁の守備 5戦連続完封

 【評】松江シティは前線で激しく当たって攻撃につなげた。終始守備が安定し、開幕から5試合連続で完封勝ちした。

 風上の前半、MF田平らが敵陣内で相手ボールを奪い、主導権を手放さなかった。13分にDF下村が右CKを頭で合わせて先制。同23分にFW岡本が自ら得たPKで加点した。

 後半は運動量で圧倒。攻守の素早い切り替えが光り、4点を挙げた。守備は相手にシュートを1本も打たせなかった。

2018年6月12日 無断転載禁止