ゲームバーの経営者ら逮捕、京都 全国初、著作権侵害疑い

 押収されたゲーム機やソフト=13日午前、京都・中京署

 飲食物を提供し、家庭用ゲーム機で遊ばせる「ゲームバー」で、メーカーの許可を得ずにゲームの画面を映し出したとして、京都府警は13日までに、著作権法違反(上映権侵害)の疑いで、いずれもゲームバー経営の西尾勇樹容疑者(32)=京都市北区、鯉島良容疑者(32)=同市下京区=と店長の計3人の男を逮捕した。府警によると、ゲームバーの摘発は全国初。

 3人の逮捕容疑は4月、任天堂(京都市)やカプコン(大阪市)などの許可を得ず、京都市中京区や下京区の2店舗で客に家庭用ゲーム機のソフトを貸し、モニターにゲームの画面を映し出して著作権を侵害した疑い。

共同通信社 2018年6月13日 無断転載禁止