川本・園児らが劇遊び洗濯物干し挑戦 おたのしみ図書館DAY

劇遊びで、紙製の洗濯物を干す園児たち
 未就学児を対象にしたイベント「おたのしみ図書館DAY」が20日、川本町川本の悠邑ふるさと会館であり、園児たちがパネルシアターや読み聞かせ、劇遊びなどを楽しんだ。

 就学前から本や図書館に親しんでもらおうと、同会館内にある「かわもと図書館」と町教育委員会が年1回開催。川本北、因原両保育所の3~5歳児計24人が参加した。

 板の上で登場人物を動かして話を進めるパネルシアターでは、図書館職員が女の子の誕生日を題材にした物語を披露。ゴリラや亀、キツネに加え、お化けや宇宙人らが次々とプレゼントを持ってやって来る展開で、園児たちは興味津々の様子で見入っていた。

 劇遊びは、読み聞かせで紹介した本「せんたくかあちゃん」にちなんで洗濯物干しに挑戦した。園児たちは会場に張られたロープに手を伸ばし、紙で作った服などの洗濯物を一つ一つ、洗濯ばさみで留めた。

 川本北保育所の田辺雫ちゃん(4)は「絵本を読んでもらったり、洗濯物を干したりして楽しかった」と喜んでいた。

 21日も、同会場で川本保育所の園児と在宅児を対象に行われる。

2018年6月21日 無断転載禁止