原発事故の除染進展強調 中川環境相、日中韓会合で

 日中韓3カ国の環境相による全体会合で発言する中川環境相=24日、中国江蘇省蘇州(共同)

 【蘇州共同】日中韓3カ国の環境相による全体会合が24日、中国江蘇省蘇州で開かれ、中川雅治環境相は東京電力福島第1原発事故に伴う除染に関し、事故で立ち入り制限されている帰還困難区域を除き「全て終了した」と述べ、対策の進展を強調した。

 中国は福島など10都県の全ての食品と飼料、韓国は福島など8県の水産物の輸入停止措置を講じており、日本政府として両国に規制撤廃を促す狙いがある。

 中川氏は、食品の検査について国際基準と比べ厳しい基準値を設けていると説明し「安心してほしい」と訴えた。「福島の環境再生は着実に進んでいる」とも指摘した。

共同通信社 2018年6月24日 無断転載禁止