江津・浄光寺で音楽イベント 住職のバンドライブやネイル体験

イベントの打ち合わせをする能美顕之さん(左)と田中康夫実行委員長
 島根県江津市千田町の浄光寺が住民に開かれたお寺を目指し、「お寺体験&コンサート 音縁(おんえん)」と題したイベントを7月8日に開催する。インド古典音楽や住職によるバンドのライブ、ネイルの体験など盛りだくさんの催しを企画し、老若男女が地域のお寺に親しめるイベントを目指している。

 寺を開放し、多くの人が集える場にしようと、住職の能美顕之(けんし)さん(41)が中心となり、門徒や住民らでつくる実行委員会が発足。趣旨に賛同した計25団体の約80人が、多彩な催しを繰り広げる。

 本堂であるコンサートには、インド音楽で使われる弦楽器サロードや太鼓タブラの奏者や、出雲市出身の篳篥(ひちりき)奏者、春日るり子さんと姉でチェロ奏者の真菜さん、県内の住職らでつくるバンド「ザ・スペシャル坊ズ」が出演する。

 境内には江津、浜田両市などの事業者がワンコイン(500円)で、ネイルやフラダンスに用いるレイの作製、ハンドマッサージを体験できるコーナーを開設。ピザやお好み焼き、スイーツなどを販売するマルシェも設ける。

 能美さんは「イベントを通じて、住民の居場所となる開かれた寺を目指したい」とし、実行委の田中康夫委員長(63)は「お寺の空間を使わせてもらいながら、地域振興を図りたい」と意気込みを語った。

 開催時間は午後5時から同8時半。入場券は前売り大人1500円(当日1800円)、中学・高校生500円。当日はJR江津駅から浄光寺までを結ぶ臨時の無料バスを運行する。問い合わせは浄光寺内の実行委事務局、電話0855(56)2433。

2018年6月25日 無断転載禁止