小玉でも出来まずまず 鳥取・湯梨浜「ペルルメロン」査定会

東郷ペルルメロンの糖度を測るJA担当者
 鳥取県湯梨浜町産「東郷ペルルメロン」の査定会が25日、同町中興寺のJA鳥取中央東郷梨選果場であった。今年は小玉傾向ながら平均糖度15.1度とまずまずの出来栄え。生産農家、作付面積とも減ったため昨年より少ないながら出荷量3トン、販売額109万円を予定する。27日から7月上旬まで県内の市場に出荷する。

 旧東郷町内で栽培された楕円(だえん)形のネットメロン。果肉は緑色で、糖度14度以上のものを出荷する。今年は4戸が20.5アールに作付けした。昨年は6戸が32アールに作付けし出荷量5.1トン、販売額195万円だった。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年6月26日 無断転載禁止