震度6弱、引き続き高確率 南海トラフや長大活断層

 全国地震動予測地図2018年版の説明をする地震調査委員会の平田直委員長=文科省

 政府の地震調査委員会(委員長・平田直東京大教授)は26日、30年以内に震度6弱以上の揺れに襲われる危険性を示す全国地震動予測地図2018年版を公表した。南海トラフ巨大地震が懸念される太平洋岸では静岡市が70%、長大活断層が走る四国は高知市が75%と各地で引き続き高い確率となった。沖合で新たに巨大地震が想定された北海道東部は、根室市が63%から78%となったのをはじめ大幅に上がった。

 最大震度6弱を観測した大阪府北部地震が18日にあった近畿地方でも、50%前後と高い数値が目立つ。活断層が多い上に、地盤が揺れやすい平野が広がるためという。

共同通信社 2018年6月26日 無断転載禁止