津和野35.2度 6月観測史上最高 山陰初の猛暑日

うちわであおぎながら通りを散策する観光客=25日午後2時29分、島根県津和野町後田
 山陰両県は25日、高気圧に覆われ、島根県津和野町で35.2度を記録し、両県で今年初の猛暑日となった。両県の観測29地点のうち、19地点で気温30度以上の真夏日となり、15地点で今年最高を記録した。

 松江、鳥取両地方気象台によると、津和野町は6月の観測史上最高を更新し、この日全国で5番目に高かった。最高気温は松江30.7度、米子31.4度、鳥取33.1度などで、島根13地点、鳥取6地点で真夏日となった。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年6月26日 無断転載禁止