はやぶさ2、小惑星到着 3年半の旅、生命の起源など探査

 はやぶさ2と小惑星りゅうぐうのイメージ(JAXA提供)

 2014年に打ち上げられた宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機はやぶさ2は27日、3年半で計32億キロの旅を経て、地球から約3億キロ離れた小惑星「りゅうぐう」近くの目的地に到着した。今回の探査では、太陽系の成り立ちや生命の起源の手掛かりがあると期待されている。

 到着したのはりゅうぐうから20キロの目標位置。今後1年半、りゅうぐうの近くにとどまって本格的に観測し、9~10月にも着陸して岩石の採取に挑む。

 10年に世界で初めて小惑星の岩石を持ち帰った初代はやぶさに続く成果。吉川真・JAXA准教授は「かなりの成果が上がりそうだという直感がある」と話した。

共同通信社 2018年6月27日 無断転載禁止