小惑星「オウムアムア」実は彗星 ガス、ちり放出で加速

 太陽系外から飛来した「オウムアムア」の想像図(NASA提供・共同)

 【ワシントン共同】観測史上初めて太陽系外から飛んできた小惑星と昨年認定された「オウムアムア」について、米航空宇宙局(NASA)などの国際チームは27日、飛行の特徴から実際はガスやちりを放出しながら飛ぶ彗星だったとする研究成果を発表した。

 オウムアムアは太陽系外から飛来し、太陽の重力の影響を受けてUターンして、再び太陽系外に向けて飛行している。チームはハッブル宇宙望遠鏡や地上の望遠鏡の観測から、オウムアムアが太陽の重力の影響だけでは説明がつかないほどの加速をして飛んでいることを突き止めた。

 この加速は、ガスやちりを噴き出すことで得ていると結論づけた。

共同通信社 2018年6月28日 無断転載禁止