ホリエモンロケット再び失敗 打ち上げ直後に落下、北海道

 打ち上げ直後に落下、炎上する小型ロケットMOMO2号機=30日午前、北海道大樹町 打ち上げに失敗したロケットの映像をパブリックビューイング会場で見つめる人々=30日午前5時35分ごろ、北海道大樹町 記者会見するインターステラテクノロジズの稲川貴大社長(左)と堀江貴文氏=30日午前、北海道大樹町

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は30日午前5時半ごろ、自社開発した小型ロケットMOMO(モモ)2号機を同町の実験場から打ち上げたが、直後に機体は推進力を失い、そのまま下部から落下して爆発、炎上した。けが人はいなかった。

 稲川貴大社長は記者会見し、「メインエンジンに何らかのトラブルが起きた」との見方を示した。同社を設立した実業家の堀江貴文さんは「これまでになかった失敗だ。次の3号機を打ち上げるためにバックアップ態勢を強化したい」と語った。

 昨年7月の1号機に続いての失敗となった。

共同通信社 2018年6月30日 無断転載禁止