米子「える・もーる駐車場」 高島屋東館と一体開発へ

ジョイアーバンが取得した大型立体駐車場「える・もーる駐車場」。右奥は米子高島屋=米子市角盤町1丁目
 米子高島屋・東館(鳥取県米子市角盤町1丁目)のリニューアル計画を進める商業施設運営のジョイアーバン(同)が、近くの大型立体駐車場「える・もーる駐車場」を取得したことが30日、同社などへの取材で分かった。新たに商業機能とともに情報発信機能を持たせるよう改装。東館との一体的な開発で「商都」のにぎわい創出につなげる。

 同駐車場は1984年完成の鉄骨7階建て、延べ床面積約1万平方メートル。既に東館と隣接する米子高島屋第1駐車場(鉄筋コンクリート造り7階建て、延べ床面積約6800平方メートル)は米子市から譲り受けているが、2019年秋を目指す東館オープンで見込まれる需要増とともに、交通量が多い国道9号と国道181号の交差点付近という好立地を生かしたランドマークとして活用する。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年7月1日 無断転載禁止