大リーグ、大谷が復帰後初安打 平野は無失点が途切れる

 マリナーズ戦の4回、右肘の故障から復帰後、初安打となる右前打を放つエンゼルス・大谷=シアトル(共同)

 【シアトル共同】米大リーグは4日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はシアトルでのマリナーズ戦に「6番・指名打者」で出場し、四回の第2打席で右肘の故障から復帰後、初安打となる右前打を放った。七回には右翼線二塁打で出塁し、5月24日以来の複数安打を記録し、4打数2安打、2得点だった。チームは7―4で勝利した。

 右肘の内側側副靱帯の損傷で故障者リスト入りし、今月3日に復帰。約1カ月ぶりに打席に立ったが4打数無安打で3三振に終わっていた。

 ダイヤモンドバックスの平野はカージナルス戦で2―1の七回に2番手で登板し、ソロ本塁打を打たれて連続試合無失点が26で途切れた。

共同通信社 2018年7月5日 無断転載禁止