大リーグ、大谷は代打で三振 牧田はマイナー降格

 マリナーズ戦の9回、代打で登場し空振り三振に倒れたエンゼルス・大谷=シアトル(共同) 試合前のフリー打撃で快音を響かせるエンゼルス・大谷=シアトル(共同) ダイヤモンドバックス戦八回途中に登板したパドレスの牧田=5日、フェニックス(ゲッティ=共同)

 【シアトル共同】米大リーグは5日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はシアトルでのマリナーズ戦で九回に代打で出場し、空振り三振で1打数無安打だった。チームは1―4で敗れた。

 パドレスの牧田はダイヤモンドバックス戦で6―3の八回途中に登板して打者1人を抑えたが、試合後にマイナー降格を通告された。チームはそのまま勝ち、連敗を3で止めた。ダイヤモンドバックスの平野は登板機会がなかった。

共同通信社 2018年7月6日 無断転載禁止