錦織2回戦向け調整

 【ウィンブルドン=本紙特派員・木幡晋介】テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第4日は5日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブであった。男子シングルスで第24シードの錦織圭(日清食品)は、世界ランキング184位のバーナード・トミック(オーストラリア)との2回戦を前に調整した。対戦成績は2勝2敗。勝てば3年連続の3回戦進出となる。

 夕方に試合を控えた錦織は午後、1回戦で日本の杉田祐一(三菱電機)を下した168位のブラッドリー・クラーン(米国)と練習。サーブ、リターンを中心に軽めの調整を行った。

2018年7月6日 無断転載禁止