米女子ゴルフ、畑岡20位に浮上 ソーンベリークリーク第3日

 第3ラウンド、3番でティーショットを放つ畑岡奈紗。通算12アンダーで20位=ソーンベリークリーク(共同)

 【オナイダ(米ウィスコンシン州)共同】米女子ゴルフのソーンベリークリーク・クラシックは7日、ウィスコンシン州オナイダのソーンベリークリーク(パー72)で第3ラウンドが行われ、30位で出た畑岡奈紗は6バーディー、1ボギーの67で回り、通算12アンダー、204で20位に浮上した。上原彩子はトリプルボギーが響き、7アンダーの57位に後退した。

 金世ヨン(韓国)が64と伸ばし、通算24アンダーで首位を守った。54ホールの24アンダーは2003年のアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)に並ぶツアー記録。梁熙英が8打差の2位。

共同通信社 2018年7月8日 無断転載禁止