大リーグ、大谷が代打で決勝7号 平野完璧、牧田は降格

 ドジャース戦の7回、代打で勝ち越しの7号ソロを放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同) パドレス戦の10回に登板し、1回を三者凡退に抑えたダイヤモンドバックス・平野=フェニックス(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは8日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアナハイムでのドジャース戦で3―3の七回に代打として出場し、決勝の7号ソロを放った。本塁打は5月17日以来で、右肘故障から3日に復帰後は初。代打本塁打もメジャー自身初となった。試合は4―3だった。

 ダイヤモンドバックスの平野はパドレス戦で3―3の延長十回に登板し、1回を2三振などで完璧に抑えた。チームは十六回、3―4で敗れた。

 パドレスの牧田は傘下のマイナー、3Aエルパソに降格した。

共同通信社 2018年7月9日 無断転載禁止