大相撲、両横綱と栃ノ心は2連勝 上位陣安泰、豪栄道が初白星

 鶴竜が上手投げで琴奨菊を下す=ドルフィンズアリーナ

 大相撲名古屋場所2日目(9日・ドルフィンズアリーナ)上位陣は安泰。両横綱は3場所連続制覇を狙う鶴竜が平幕琴奨菊を上手投げで仕留め、白鵬は正代を力強く寄り切ってともに2連勝とした。新大関栃ノ心も平幕千代の国を押し出して連勝スタート。

 かど番の2大関は、高安が小結松鳳山のつき膝で白星を拾って2連勝。豪栄道は小結玉鷲を送り出して初白星を挙げた。両関脇は御嶽海が勢を上手出し投げで退けて2連勝とし、逸ノ城は阿炎を寄り切って初勝利。

共同通信社 2018年7月9日 無断転載禁止