米子城跡 登り石垣など復元案 市の整備基本計画検討へ

米子城跡で確認された登り石垣(資料)
 鳥取県米子市が国史跡・米子城跡(同市久米町)の整備基本計画に、二の丸の塀や櫓(やぐら)、登り石垣などを復元する案を盛り込むよう検討を進めている。今後、発掘調査を重ね、復元につながる歴史的な根拠を得た上で国の文化審議会に諮る。基本計画は本年度中に固め、順調に進めば2020年度に整備に動き出す。

 17年に策定した「米子城跡保存活用計画」に基づき、城跡の具体的な活用方針を固める中で遺構の復元を案の一つに盛り込む。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年7月10日 無断転載禁止